油ぎった顔には洗顔料

男性用の洗顔料って?

男性のほとんどは油ぎっています。よって、男性用の洗顔料はがっつり汚れと油を落とす作りになっています。もし職業柄等訳あって肌がかさかさするような方は、女性用を使いましょう。
また、がっつり落としすぎて肌がかさかさするようになってしまった人も中にはいる場合があります。そういう場合も一時的に女性用を使うべきですし、化粧水を使って肌の乾燥を治すようにするべきでしょう。
ちょっと辛口だったかもしれませんね。筆者はどうしても男性用の洗顔料が好きになれません。一度肌トラブルが起きたためです。筆者の肌が弱いせいかもしれませんが、その後は女性用を使っています。
実際、女性用の方がいい成分がいっぱい入っています。ですが若干高いです。額にしたら2?300円ほどでしょう。考え方にもよりますが、肌トラブルが回避できるなら安いと思っています。

どの洗顔料がいいの?

男女両方を含め、洗顔料でどれがいいかいいかと言われると、大変難しいです。肌はひとそれぞれ違うからです。作っている側は研究し、一番多くの人に合うものを作ろうと努力しているでしょうが、運悪くその枠から外れてしまうかもしれません。
結局のところ、いろいろ試してみて自分に合うものを探すしかありません。女性の場合、カウンセラーに相談してぷちオーダーメイドのように数十種類から合ったものを選ぶということがありますが、まだ男性用のそういうサロンはありません。ちょっと不利ですよね。
また、これらは化粧品のどれにもあてはまる話ですが、その中でも洗顔料が一番合う合わないがでてきます。おかしいなって思ったら、使うのを止めて別のを使いましょう。

どうやって洗うの?

洗顔料は泡で洗います。なので、洗顔料を顔に塗ってこするのは間違いです。軽く手を濡らし、洗顔料を手にとって、両手でこすり合わせて泡立てましょう。それを顔に塗ります。好みで軽く顔を素洗いしてください。顔が濡れている方が泡がなじみます。
顔に泡をつけたら、普通に洗ってください。あまり力を込めなくて良いです。こするというよりはマッサージする感じがベストですね。肌になじませ、毛穴の汚れも落とすようにしてください。汚れが落とすと泡が減ります。顔が汚れている場合は泡立ちが悪くなりますので、洗顔料を付け足してください。