眉毛カットが思うように上手くいかない?

眉毛のカットを結構やっているけれど、なかなかうまくいかないと思います。実は、いくつか気が付かなければいけない点があります。
まずは、漫画絵と違って、顔が線対称ではないということです。大抵歪んでいます。治せる整体の人もいるそうですが、今は顔に合わせるしかないでしょう。次に、眉毛も線対称ではありません。理想のラインを考えた時、ここに眉毛が足りないと思う人もいるかもしれません。仕方ないので、あるように整えるしかありません。さらには眉毛には生えている方向のくせがあります。もしラインを線対称に揃えられたとしても、印象が違うのはそのせいです。そこが気になった場合、はさみで眉毛の長さをカットして立体的にとらえなけらばならず、かなり難しいです。

長さを整える

慣れてきたら、形ではなく長さも整えてほしいです。ですが、そこは難しく個人差もあるのでなかなかよいアドバイスができません。ですが、一点だけ整えて欲しい個所があります。それは鼻筋、眉毛と眉毛の間です。
眉毛と眉毛の間だけは、中心をあけるだけでは不十分です。毛をカットし、だんだん長さがあるように立体的に斜めに膨らませるべきです。そうすることによって、さらに自然な仕上がりになります。
あとは、眉毛を細くする方向で穏やかな印象にしたい方は、全体の長さを短めにしてください。床屋さんが髪の毛の厚みを減らすために「すく」感じです。

うまくできたら

納得のいく仕上がりができたらチャンスです。週に1回か2回、鏡に向かって手直しをしましょう。最初から形を考えてデザインするよりも、維持する方が失敗も少なく断然楽です。いらない部分の毛は抜くことによって生えにくくなったりします。
眉毛を薄くするためにカットしていた人は、慎重に毛を抜くことを考えてもいいかもしれません。万が一生えなくなっても困らないように、同じ場所に集中して抜かず、広い範囲でやってください。また、抜きすぎにも注意してください。最終的に眉毛が生えなくなり、ペンで書かなくてはいけなくなったという事態だけは避けたいです。