眉毛を整えよう

デートに出る前は、なるべく眉毛を整えましょう。男性で眉毛をいじる人はなかなかいませんが、女性はかなりいます。女子高生が眉毛を抜き、書くなんて話はよく聞くと思います。男性も眉毛をいじるべきです。
筆者の眉毛はかなり濃く、一本に繋がります。最初は気にしていなかったのですが、整っていないという面では広い意味で不潔な印象を与えていたようです。眉毛を整えてから、基礎化粧を含めて整った顔立ちに見えたのでしょう、対人関係での立場が変わりました。筆者は童顔ですが、年上に対して整った顔として、見下されることなく一定のプレッシャーを与えることができるようになりました。これは極端な例ですが、眉毛でかなりの印象が変わります。

眉毛を整えるとこうなる

眉毛の理想の形にはいろいろなタイプがあります。女性の場合は流行があって、それにあわせて抜いて整えていた結果、最後には全部抜いて書かなくてはいけなくなったという話もあります。周りに流されず、自分にあったタイプに合わせましょう。
どんな形にすればいいか。眉毛の形のメイクは、漫画絵に通じます。丸を書いて目を点で書いて、そこに眉毛を書き加えてください。文章では説明しきれませんので、是非書いてください。眉毛をまっすぐにすると無表情になります。眉尻を上げてVの字にしたら、怒り顔に見えるでしょう。逆に眉尻を下げてハの字にしたら、おだやかに見えると思います。

眉毛を整えた効果

怒った時はVの字、笑った時はハの字。実際は眉毛の周りの筋肉が表情の変化にあわせてそういう動きをするわけですが、もともとの眉毛の形を理想に近づけることによって、そこのプラスアルファができます。怒って眉毛の表情の筋肉からVの字になっても、形が眉毛の形がハの字なら、怒り顔がある程度打ち消せます。それってすごいですよね。
威厳をつけたかったり、いつもにやけてお調子ものといったイメージを払拭したいという場合には、Vの字に整えるべきでしょう。逆に、近寄りがたいというイメージを払拭したいと思う場合ハの字に整えるべきでしょう。