お風呂で洗顔しよう

基礎化粧をするためには、塗る前に汚れを落とさなければなりません。まずは洗顔ですね。最初はなんでもいいので男性用の洗顔料を買ってきてください。お風呂で顔を洗います。洗うときはお湯を使ってください。皮膚の油を落とすには水よりもお湯の方がよいからです。温かいおしぼりで顔を拭いた経験もあると思いますが、あれは水よりも実際にさっぱりしています。
体と違ってあまり垢がでませんので、ごしごし洗う必要はありません。泡で洗うとも言うので優しく洗ってください。顔が柔らかい方が毛穴の汚れとか落ちやすくなるので、ひと手間かけられる方なら、マッサージするように洗顔するとよいと思います。
最後にお湯で洗い流します。さっぱりしたと思いますが、これは汚れの他に皮脂も落ちた状態です。皮脂は汚い印象がありますが、肌を守る大切なものです。なお、高級なものになると皮脂を落とさないものもありますが、さっぱりしないので使用感は微妙です。

風呂上りに保湿しよう

お風呂を上がってさっぱりしたと思いますが、さっぱりしているということは肌そのものが無防備にさらされている状態です。服を着てからでいいので、続きの保湿をしましょう。
まず、化粧水を塗ります。最初はなんでもいいので買ってきておいてください。やることが重要です。そして化粧水を塗ってください。肌が乾いていると、肌に染み込んで吸収されます。やり始めはどんどん吸収されることがあるので、最初から数日間は2度塗りしたほうがいいかもしれません。
肌が荒れていると、化粧水を塗った際に垢が剥がれおちる場合があります。古い肌が取れ、下の新しい肌がでてきて、そっちに化粧水が染み込んでいる証拠です。特に気にすることはありません。
最後に、落としてしまった皮脂の代わりに脂分である乳液を塗って完成です。ですが男性は油が多いので、面倒であれば乳液は省略されても結構ですが、にきびなど肌トラブルがある方は塗ることをお勧めします。