水分を補う化粧水

化粧水って何?

化粧水とは、保湿を目的に使う化粧品です。ローションと書かれる場合もあります。肌は、細胞が水分を保つことによって柔らかさを保っています。男性はそんなにもち肌でいる必要性はないかもしれませんが、水分が足りない状態は肌にとっては異常な状態です。異常とはいえ、老化が進めば保湿力も落ちてしまうので、歳相応という話にはなるのですが、ここでは若い状態に保つことでかっこよく見せるので、頑張って実年齢よりも若く肌を見せるようにしてください。これもアンチエイジングの一環になります。

化粧水と水の違い

肌に水分が必要なら、水を被ればいいのではという単純な発想に行き着くかもしれません。ですが、人間がプールに入って水ぶくれにならないように、水では肌に染み込みません。大きな違いはそこです。化粧水は肌に染み込むのです。
余談ですが、肌が乾燥したりかさかさになったりして、かゆくなってしまうことがあります。水分を失って敏感肌になっている状態です。ひっかけば肌は荒れ、血がでてしまうことだってあるでしょう。肌に水分を補給すればいいので、塗り薬の代わりに化粧水塗っても治ります。
肌に水分を補給してください。一時的なものとはいえ、毎日塗ることによってそれは確実に自分のものになります。潤いが足りてくれば、その分肌が吸収しなくなるので実感が湧くと思います。

どんな化粧水がいいの?

注目したい成分があります。それはヒアルロン酸です。ヒアルロン酸は、肌に含まれる成分で、水そのものではありませんが、水分を大量に保つことができる保湿成分です。食べて摂取したり体内で生成する方法もありますが、手っ取り早く補給するには化粧水として塗ることです。
ヒアルロン酸は、もっと過激な摂取方法があります。それは美容整形外科で補給する事です。女性の胸を大きくする手術にも使用されますが、それは永久的なものではなく、いずれは体に使われなくなってしまいます。お金にかなりの余裕があるならまだしも、普通の方は化粧水として少しずつ補給した方がいいと思います。
ヒアルロン酸は原価が高く、その結果高い化粧水にしか入っていない場合があります。安い男性用の化粧水には含まれていないものもありますので注意してください。