実質、男性も女性も変わらない!?

実際は男性も女性もメイクの内容は変わりません。ただ、全部やると有名人のおネエ系みたいになってしまいますね。やはり口紅はしないでしょうし、アイシャドウやチークはしないと思います。ここではそういうったものは省きますね。
まずは基礎化粧です。洗顔し汚れを落とした上で、肌にいいものを塗ります。肌をきれいにするにはいいものを食べるというアプローチもありますが、塗ることで状態が変わります。状態が悪い時に、すごく高い化粧品を使ったりすると、30分で顔が変わります。ビフォーアフターですよね。一番いい例はエステですが、化粧を勉強している女性から何回か基礎化粧のみでのビフォーアフターを見せてもらったことがあります。
その後は毛づくろいですね。頭の髪の毛もありますが、眉毛もあります。ひげもそうですね。男性はまつげはあまりやらないと思うのでここでは省きます。

最低限なにをすればいいの?

まずは先ほど挙げた基礎化粧です。お風呂で顔を洗ってください。水やお湯のみではダメです。体用の石鹸でもダメです。顔はデリケートなので洗顔フォームを使ってください。念入りに洗うのはよいですが、洗い過ぎもよくありません。場合によっては赤くなったり肌荒れになったりしますので注意してください。
次はお風呂上がりです。服を着てからでいいので、化粧水をつけてください。手に何滴かたらし、顔全体になじませるように塗ってください。最初は塗って5分すると肌が濡れた感じがなくなる場合があります。それは肌に吸収され尽しているので、よければもう一回塗ってください。塗り過ぎても問題ありません。場合によってはこれだけでビフォーアフターを味わえますので、鏡をよく見てくださいね。

デートの時は何をすればいいの?

デートの時は、眉毛やうぶ毛、鼻毛などを整えます。毛なので当然伸びるので、お出かけ直前が望ましいのですが、かみそりで失敗した場合傷口を見せたくないので前夜してもよいかと思います。眉毛を整え、鼻毛を切り、うぶ毛が濃くなっていたら剃ります。もみあげとひげの境目があいまいになったら整えることもあります。
デートの直前にすることもあります。もしあざがある場合は、ファンデーションを塗りましょう。あざに肌色を塗ることであざをごまかせます。そしてもちろんひげはそりましょう。ひげにこだわりがあり、カットしている方もいらっしゃると思いますが、この場では省かせてもらいたいと思います。