男性用の香水ってどうなの?

香りがする女性を見つけた時、どう思うでしょうか。ちょっとどきっとしますね。逆に男性としてのアピールに香水は十分ありだと思います。女性に○○さんの香りという風に覚えられたら、悪い気はしませんしね。
とはいえ、香水といえば高いイメージがあります。有名ブランドものといえばもっとです。ですが、ミニチュア香水がゲームセンターの景品などで流行ったように、手に入る店にいけば、そこまで高いものばかりではありません。
いきなり高いものに手を出すのには抵抗がありますよね。買ってしまってイメージと違う香りだったら目も当てられません。最初は日本の化粧品メーカーが普通に出しているコロンから始めることをお勧めします。香りにはひとつひとつ違いがありますが、タイプがあるので好きなタイプを探してくださいね。

香水の香りの種類

香りには想像できるようにいくつかのタイプに分けられます。例えばいちごの香りならいちご味のような感じです。ですが、まるで専門用語のような言葉で、素人にはよくわかりません。
シトラスは、レモンやライムのようなすっぱいかんきつ系をイメージした匂いです。あくまでそういう雰囲気で、どのフルーツという特定したものではありません。あの人はオレンジ味っていうのはちょっとかっこつきませんものね。フローラルは女性向で花の香りです。ウッディは木、香木の香りで男性向けです。レザーはその名の通り皮の香りです。
その他にもオリエンタル、シプレー、フゼアなど一言で説明しにくく、説明されても想像しにくいものがいっぱいあります。香りを試させてくれるお店を見つけられればよいのですが、なかなかないと思いますので、買って試すことになります。興味がなければ、若い人はシトラス、年配の方はウッディでいいと思います。

においが混ざると・・・

女子高生が化粧を覚えると、教室の匂いがきつい。おばさんが集まると化粧の匂いがきつい。いろいろ言われていることです。香水の香りも例外ではありません。香りは1つ1つで最高を保つために作られており、混ぜられることは考えられていません。
もし、団体旅行やオフィスなど、人数が多い場所にいる場合は量か香りそのものを控えるのもいいと思います。パーティなどアピールする場ではタイミングを見計らってつけてもいいと思います。