髪のセットが決まらない?

普段あまり髪のセットをしておらず、このお話を読んで興味を持たれた方もおられると思います。でも、あまりうまくセットできず、つまらない思いをしている方もおられるかもしれません。ねぐせが治らないところでも指摘したように、髪の毛が痛んでいる可能性があります。
筆者もしばらく仕事が忙しく、ぼろぼろになってしまった後、このままではいけないと身を正したことがあります。ですが、いまいち髪が決まらず、がっかりしました。確かにシャンプーのみでリンスもせず、ドライヤーで髪の毛を乾かすこともしませんでした。
そのほかにも、髪のセットが決まらないことがあります。それは髪の毛が伸びてきたときです。髪の長さもそうですが、毛の量が多かったりする場合もあります。その時は床屋にいきましょう。

髪をケアする

髪を洗うというのは当たり前のことですが、当たり前すぎて意外とだれも教えてくれません。いまさら髪をいたわって欲しいと言われても分からない方もおられると思います。
シャンプーをした後、リンスをしてください。リンスは洗うわけではないので、髪になじませ、少し時間をおいてから洗い流してください。筆者はリンスしている間に体を洗います。終わったらきれいに洗い流してください。シャンプー、リンス共に髪に残ると痛む原因になります。風呂桶からお湯を流すのではなく、できれば温水シャワーを使ってしっかり洗ってください。あと、夏場シャンプーするだけの場合でも、必ず温水を使ってください。
お風呂をあがったらドライヤーで乾かしてください。ドライヤーがダメージになると言いますが、濡れたままでもダメージになります。よくタオルで拭き、ドライヤーに当てる時間をへらしてください。ドライヤーで乾かした後、さらにケアしたい場合はヘアリキッドなどを使ってください。

髪の毛が固い!

髪の毛が固いとセットしにくくて不便です。柔らかすぎても不便なところはありますが、悩むほどではありません。
髪の毛が短いと固くなります。短髪でずっといた方はそうでしょう。筆者は一度だけ長髪を目指しました。するとたしかに髪は柔らかくなります。ですが、似合いませんでした。山ごもりできる人ならともかく、普通の人は難しいでしょう。
髪の毛をケアするとある程度は柔らかくなります。全然柔らかくならない人は日ごろのダメージを軽くするよう、ハードなセットを止めて髪をいたわる必要があるかもしれません。