肌年齢ってなに?

肌年齢とは、肌の年齢です。自然に生きていたらこれくらいという肌の状態を表す年齢です。子どもの肌がぴちぴちでつやつやであるように、肌年齢は若ければ若い方がいいです。これは童顔とは少し違います。顔のつくりではなく、しわが多かったり、張りがなくやせ細っていたりということです。
女性は肌をきれいにみせようとファンデーションを塗ったりしていますが、肌がきれいなら塗る必要がありません。男性でファンデーションを塗る方は少ないと思うので、ぜひ肌をきれいにして欲しいものです。

肌年齢をチェックする方法って?

よくテレビの健康番組で肌の特集をする時、チェックする機械を肌に押し当てて年齢がでてきた話を一度はみたことがあると思います。メーカーによってまちまちですが、私が見たものは肌の保湿量を調べるものでした。その量は年齢によって減っていくので、数値によって肌年齢が分かってきます。
なかなかそれを手に入れて自分の実際の肌年齢を調べる事はできませんが、しっかり手入れをしていくと、以前よりも肌を触った感覚が違ってきますので、自分でもわかると思います。努力次第では年齢-10歳位にはできますので頑張っていきましょう。

肌年齢が低い人はすごい

肌年齢が低い人は凄いです。いわゆるお肌の曲がり角は30歳とか、20歳とか14歳とか研究者によってまちまちですが、化粧品が買える位のお財布を持つ20歳前後から、運よく化粧について正しい知識を持ち、ちょっとよい基礎化粧品を使い続けている幸運な方に会ったことがあります。服は年相応で大人ですが、顔だけみたら女子高生のようでした。実際聞いたらちょうど30歳とのことでした。極端な例ですが、極めるとこんな化け物のような状態も可能です。
その方からちょっとした秘密を教えていただけました。実年齢を見破る方法です。それは、首元を見る事です。これをさらにカバーするように、本当の知識を持つ方は首元にも化粧水を塗るのですが、そういった方はごくわずかです。