髪の毛を整えよう

デート前に基礎化粧以外にやることは、髪の毛を整えることでしょう。もちろん毎日している人もいるでしょうが、特別な事情の人も中にはいます。筆者はハードなジェルで毎日髪の毛を立たせていた結果、生え際が少し後退してしまいました。そう、ハゲのはじまりです。
でも実際のところ、髪型、つまり髪の毛の形にこだわらなくてもやれることはあります。まずはくしを通すことです。手くしではなく、くしを使ってください。髪の毛のきめが細かくなります。そして、トニック等の整髪料をつけてください。さっぱりしますし、つやがでますので少し整って見えます。もちろん、ねぐせは治してください。水か専用の液体をつけて濡らし、形を整えながらドライヤーをかけてください。

ねぐせが治らない!

接客業をしていた時のことです。どうしても毎日できてしまうねぐせがあって、その日は時間もあったのでシャンプーしてから仕事にいきました。しかし、休憩の時に管理責任者からねぐせが立っていることを指摘され、愕然としました。出かける時はねぐせは直っていたのに、なぜなのでしょう。
答えをひとことでいうと、くせになっています。そこでハードジェルで直そうとすると、べとべとになって気に入る仕上がりにはなりません。どうしたらよいのでしょうか。
実は、その部分の髪の毛が痛んでいるのでした。寝方にもよるのでしょう。重点的にリンスすることで克服しましたが、忙しくてリンスをさぼっていると、いまだに同じところにねぐせができます。髪の毛の痛みには注意しましょう。毛先にいくほど痛みが治りにくい傾向にあるので、ケアしなかった頃の髪は差し支えない程度に床屋で切ってしまうのも手です。

ムダ毛を処理しよう

あとはムダ毛を処理しましょう。わき毛とかではありません。眉毛やひげもそうですが、顔全体に広がるうぶ毛です。眉毛はカットできますが、どうしてもうぶ毛はそらなければいけません。すぐに伸びるものではないので、失敗して出血しても問題ないように前夜などにするべきですね。すぐ伸びるといえば鼻毛のほうです。当然カットしましょう。
できることならもみあげも整えられるようになりましょう。ひげそりの時にある程度の所までそってしまってもいいのですが、ずばっと境目ができてしまうと少し不自然です。あとは眉毛用のはさみで適当にきりましょう。ここでいう適当は、長かったり短かったり、整ってない自然な状態のことです。